西いぶり在宅ケア連絡会とは

ご挨拶

2000年の介護保険制度導入から十数年の月日が過ぎ、民間の活力をいかしながら住み慣れた地域で高齢者や障害を抱える方の生活を支えるシステムは少しずつ充実してきました。ただ、この室蘭・登別地域はその高齢化の進展と比して、在宅ケアを支援するための横の連携、つまり組織や職種を越えたネットワーク構築は遅れています。この西いぶり在宅ケア連絡会はそうしたネットワークを目指して様々な職種や組織の力を結集し、2012年にようやく第一歩を踏み出しました。年をとって病気を抱え、身の回りのことに不自由を感じるようになったときでも、住み慣れた場とよく知る人たちに囲まれた生活を、自然に選ぶことができる地域であり続ける仕組み作りがこの会の目標です。さぁ、皆さん、我々と一緒にこうした地域を作っていきませんか。

西いぶり在宅ケア連絡会 会長 草場 鉄周

会の経歴

・2012年4月 室蘭・登別在宅ケア連絡会 設立
・2013年4月 西いぶり在宅ケア連絡会 に名称変更

会の目的

以下の目的のもと在宅ケアに関心のある市民や異職種の在宅ケアスタッフが協働で行う連絡会を運営し、更なる地域連携の強化を図る。
①在宅にかかわる多職種や関係者と顔の見える関係をつくる
②在宅推進にあたり、関係者・地域住民の知識の増進・相談できる場をつくる
③在宅ケアを広め、住民のニーズや期待をくみ取る場をつくる

主な活動内容

在宅ケアに関連する多様な専門職種を幹事としており、毎月テーマ及び担当幹事を決め、在宅ケアに関わる事例検討や講演などを行う。
また、その際に参加者間の「対話」に重きを置き、顔の見える関係づくりを目指している。

後援団体

室蘭市医師会、室蘭歯科医師会、北海道看護協会室蘭支部、北海道薬剤師会室蘭支部、北海道栄養士会室蘭支部、北海道歯科衛生士会室蘭支部、北海道ソーシャルワーカー協会日胆支部、室蘭・登別訪問リハビリテーション連絡会、室蘭市地域包括支援センター、登別市地域包括支援センター、のぼりべつケアマネ連絡会、室蘭市介護保険サービス事業所連絡協議会(居宅介護支援事業所専門部会、居宅介護サービス事業所専門部会)

Copyright(c) 2013 西いぶり在宅ケア連絡会 All Rights Reserved.